Win7: ThinkPad もマルチタッチに

ノートと言えば、大御所の ThinkPad ですが、こちらも Windows 7 マルチタッチに対応です。

パネルは静電誘導式で 4 ポイントタッチに対応とのこと。
他にもたくさん出てきそうなので、この辺でマルチタッチ ハードウェアの追っかけはやめときます。
各メーカーの秋冬モデルでは、マルチタッチはあって当然な機能になりつつありますね。

次回からは、このブログ本来の方向に…。

広告

Win7: iiyama のタッチパネル

最近、タッチパネルのことしか書いていません。でも、続けます。
iiyama からも Windows 7 のマルチタッチ対応モニターの発表がありました。

光学式で 2点ポイントということなので、これまた NextWindow 製モニターだと思われます。

Win7: FMV もタッチパネル

すっかりと、タッチパネルチェッカーになってしまいました。
富士通の FMV シリーズもタッチパネル対応機種の発表です。

デスクトップの F シリーズは、20 インチと 23 インチのワイド液晶とのことです。こちらは光学式とのことなので
NextWindow 製パネルと思われます。
モバイルノートの BIBLO MT シリーズは液晶パネルとのことなので、N-Trig 製モニターかなと思いきや
ワコム製なんだとか。

ほんと、すごい勢いでマルチタッチ対応機種が発表されていますね。

Win7: VAIO もタッチパネル

2009/10/22 の Windows 7 発売に向けて各社動きが出てきましたね。
SONY VAIO ですが、Windows 7 マルチタッチに対応した PC をリリースだそうです。

見たところ、2 点ポイントとのことなので、HP、Dell、I・O Data と同様に
NextWindow 製の光学式モニタを使っているのではないかなと。
24 インチワイドってのはいいですね。

タッチパネル、いい流れで出てきています。
個人的には、モニター単体でもっともっと出てほしいなと。

Win7: マルチタッチでGO!GO!

Windows 7 では、OS 標準テクノロジーでマルチタッチが使えるようになります。
キーボードとマウスが無くても、画面上の指タッチでいろいろな操作ができるわけです。

わくわくしませんか?

それも、アップルではなく、Microsoft の OS でですよ!
従来、タブレット、タッチペンというものもありましたが、それらとの最大の違いは
マルチであることです。タブレット、タッチペンは、マウスの代替え信号に過ぎず、1 点ポイントのみ有効になります。
ところが、マルチタッチの場合には、2 点ポイント以上が使えるようになるわけです。
代表的なジェスチャーに、ズームやローテーションがありますね。

先日(2009/9/30)、I・O Data からマルチタッチ対応の液晶モニターが発表されました。
発売は 10 月末からということで、Windows 7 発売の 2009/10/22 に合わせてきましたね。

Windows 7 対応のマルチタッチモニターでは、単体としての発売は第一号じゃないかな。
これ以外に、Windows 7 のマルチタッチが使用できるモニターですが、モニター単体というものはなく
PC 一体型モニターという製品で HP と Dell から発売されています。

マルチタッチはモニターが大きくないと操作性が悪いと個人的には感じています。
HP IQ800 はセミナーのデモで使用したことがあるのですが、25.5 インチワイドだったので、非常に使いやすかったです。
今回、発表された I・O Data のモニターですが、21.5 インチワイドということで、少し微妙です…。
25 インチだったら、すぐに飛びつくのですが。
今現在、多くの方は、24 インチワイドを使っているではないかなと思うので。

ただ、これを皮切りに、各社からリリースされることを願っています。(できれば 24 インチ以上で)
個人的にマルチタッチの普及を推進しています。

なお、マルチタッチプログラミングに関しては、近日中に書きます。