Bootable USB メディアを作ろう

Windows 10 Anivasary Update 1607 が公開されました。
ワタシの環境は、Windows 10 Enterprise なので、Windows 10 更新アシスタントからの更新や
メディア作成ツールが使えません…。悲しい。

そうなると、自前で Bootable USB を作ることになるわけ(わざわざ、DVD に焼くのが勿体無い)で
忘れないように残しておきます。やることは 3 つのステップです。

  1. USB メディアのフォーマットとアクティブ化
  2. インストールメディアファイルの全コピー
  3. ブートセクタの書き込み

まずは、「USB メディアのフォーマットとアクティブ化」を Diskpart コマンドを使ってやります。

管理者権限でコマンドプロンプトを開く
Diskpart コマンド実行
DISKPART> list disk
DISKPART> select disk X (USB メディアのディスク番号)
DISKPART> clean
DISKPART> create partition primary
DISKPART> select partition 1
DISKPART> active
DISKPART> format fs=fat32
DISKPART> assign
DISKPART> exit

続いて、持っている ISO イメージをマウントして、「インストールメディアファイルの全コピー」を xcopy で
全てコピーします。

マウントした ISO ドライブを S: ドライブ、USB メモリを U: ドライブとする
XCOPY S:\*.* /S /E /F U:\

最後に「ブートセクタの書き込み」です。これはインストールメディアにある bootsect コマンドを使います。

マウントした ISO ドライブを S: ドライブ、USB メモリを U: ドライブとする
管理者権限でコマンドプロンプトを開く
S:\boot> bootsect /nt60 U:\

これでおしまい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。