Win10: OS のバージョン

Windows 10 RTM が目前に迫ってきました。
常に付きまとうバージョン問題。ここらで、一度、Windows 10 のバージョン値を確認しておこうと思います。
バージョン番号を取得する際、お約束の GetVersion() と GetVersionEx() になりますが、実は
Windows 8.1 以降では、GetVersion() および GetVersionEx() は推奨されない API になっていて
versionhelpers.h で定義されている Version Helper 関数を使うように推奨されています。
ただ、Version Helper 関数だと、具体的なメジャーバージョン、マイナーバージョンの値を取ることができず
Windows 10 以降とか、Windows 7 以降とか、そういう判定しかできない。
おそらく、Microsoft としては、もうメジャーバージョンとかマイナーバージョンで判断するのは辞めれって
メッセージなのでしょう。
実際、Windows 10 以降、OS メジャーアップグーレードの概念を変えるとアナウンスされていますし。

MSDN によると、OS のバージョン番号を取るにはシステム DLL に対して、GetFileVersionInfo() で見なさいと
言っているので、ちと面倒だ。DllGetVersion() という API ものがあるのですが、これは Shell 系の API なので
サービスからは使えないので、やはり、GetFileVersionInfo() を使うことになるのか。

試したところ、Windows 10 でも、まだ、GetVersionEx() が使えるようなので、こっちを使ってバージョン値を
調べてみますが、いつ何時消えるかもしれないので、製品開発では使わない方がいいと思います。

OSVERSIONINFOEX osvi;
BOOL bOsVersionInfoEx;

// OSVERSIONINFOEX構造体を用いて、GetVersionEx()を呼び出してみる
ZeroMemory(&osvi, sizeof(OSVERSIONINFOEX));
osvi.dwOSVersionInfoSize = sizeof(OSVERSIONINFOEX);

bOsVersionInfoEx = GetVersionEx((OSVERSIONINFO *)&osvi);
if (!bOsVersionInfoEx)
{
    osvi.dwOSVersionInfoSize = sizeof (OSVERSIONINFO);
    if (!GetVersionEx((OSVERSIONINFO *)&osvi))
    {
        return GetLastError();
    }
}

Windows 8.1 / Windows Server 2012 R2 では、アプリケーションマニフェストの SupportedOS で
明示的な 8.1 宣言をしないと、GetVersionEx() は Windows 8 の 6.2 を返すという互換性処理がありました。
Windows 10 はどうなのかな…というわけでやってみます。
なお、Windows 10 の supportedOS の guid は MSDN ですでに公開されています。

<!– Windows 10 –>
<supportedOS Id="{8e0f7a12-bfb3-4fe8-b9a5-48fd50a15a9a}"/>
<!– Windows 8.1 –>
<supportedOS Id="{1f676c76-80e1-4239-95bb-83d0f6d0da78}"/>
<!– Windows 8 –>
<supportedOS Id="{4a2f28e3-53b9-4441-ba9c-d69d4a4a6e38}"/>
<!– Windows 7 –>
<supportedOS Id="{35138b9a-5d96-4fbd-8e2d-a2440225f93a}"/>
<!– Windows Vista –>
<supportedOS Id="{e2011457-1546-43c5-a5fe-008deee3d3f0}"/>

まずは、マニフェストで supportedOS を記述しなかった場合は…

マニフェストなし

内部バージョンは 6.2 で返します。 ということは、Windows 8 ってことか。
次にマニフェストで supportedOS に Windows 8 を記述してみると…

Win8マニフェスト

まぁ、当然ですが、6.2 を返すわけです。
では、supportedOS に Windows 8.1 を記述してみると…

Win81マニフェスト

あー、6.3 ですか。そうですか。
では、最後に supportedOS に Windows 10 を記述してみると…

Win10マニフェスト

おー、きたきた!! バージョン情報が大きく上がった!!
では、まとめます。

OS 名称 バージョン値#1 バージョン値#2 バージョン値#3
Windows 10 10.0
supportedOS に Win10
6.3
supportedOS に Win8.1
6.2
Windows 8.1 / Windows Server 2012 R2 6.3
supportedOS に Win8.1
6.2 N/A
Windows 8 / Windows Server 2012 6.2 
N/A N/A
Windows 7 / Windows Server 2008 R2 6.1 N/A N/A
Windows Vista / Windows Server 2008 6.0 N/A N/A

MSDN に記載がある通りの結果になりました。
Windows 8 まではマニフェストの supportedOS への記述では OS モードだけの差異でしたが、Windows 8.1 以降は
OS バージョンと ビルド番号も変更しています。
しかし、Windows 10 で内部バージョンが一気に上がりましたねぇ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。