インストール済み QFE の一覧を表示する

Microsoft 製品には、QFE(Quick Fix Engineering)という修正モジュールがありますが、
すでにコンピューターにインストールされている QFE の一覧を出力する方法を紹介します。
サポートをやっていると、よく使うので、ネタにしました。

  • systeminfo コマンドを使う
    コマンドプロンプト(管理者権限でなくてもよい)を開き、systeminfo と入力します。すると
    systeminfo_qfe
    のように表示されます。
    リダイレクトすれば、もちろん、ファイルに出力することもできます。
  • wmic コマンドを使う

お勧めの方法です。
コマンドプロンプト(管理者権限でなくてもよい)を開き、次のコマンドを入力します。

wmic qfe list

すると

wmic_qfe

のように表示されますが、これは非常に見づらいので、HTML フォーマットのファイル出力にするのが、お勧めです。

wmic qfe list /format:htable > qfelist.htm

ファイルを開いてみると

wmic_qfe_html

となり、非常に見やすくなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。