2010 年の夏。Windows Server 2008 SP2 を Windows Server 2008 R2 にアップグレードしてみる

久々の記事なのに、別に大したことではなくてすみません。
たった 1 台の DC 構成(シングルドメイン、シングルフォレスト)です。メンバーサーバーは 2 台のみ。
なので、特別なことは必要ないのですが…。

インストール済みの役割(サーバーマネージャーに従った書き方で)

  • Active Directory ドメインサービス
  • Active Directory 証明書サービス
  • DNS サーバー
  • Web サーバー(IIS)
  • アプリケーションサーバー
  • ターミナルサービス
  • ファイルサービス
  • 印刷サービス

こんな環境になっています。なお、3rd 製のアプリケーションは、Symantec Endpoint Protection のみです。
DC を稼働させるには、Windows 標準機能以外は使わない、インストールしないっていうのが
安定稼働させるための重要なポイントです。
アップグレードの前に、Symantec Endpoint Protection だけはアンインストールしておきます。

  1. 既存の Active Directory に対して、スキーマ拡張を行う
  2. Windows Server 2008 R2 をアップグレードインストール

えーと、これだけなのかな。あれ?過去に似たようなことを書いたかも。

これと似たような感じですね。

(1)既存の Active Directory に対して、スキーマ拡張を行う

2008 R2 の DVD メディアにある adprep フォルダから、adprep コマンドを以下の順で実行します。

adprep /forestprep
adprep /domainprep
adprep /domainprep /gpprep
adprep /rodcPrep

これで準備環境。

(2)Windows Server 2008 R2 をアップグレードインストール

DVD メディアの setup.exe を実行する。
アップグレードインストールを行うので、既存 OS、つまり、Windows Server 2008 が起動している状態から、実行する。
そこで、アップグレードを選択すればよい。

 → 

 → 

で、あとは、待つべし。結構、時間がかかります。(私の環境では、1時間10分かかりました)

あー、終わった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。