Microsoft tech・days 2010 に行ってきました

去年のパシフィコ横浜とは異なり、今年の開催場所は、お台場…。遠いっす。
いつの間にか、名前が変わっていた、ホテル グランパシフィック LE DAIBA です。
(以前は、グランパシフィック メリディアンという名前でした)

さて、今回は、Windows Azure のサービスインを記念?した設計者向けのイベントということで
Azure 関係のセッションが、まぁ多いこと。
キーワードは、「3 スクリーン + クラウド」でしょうか。
Tech・Ed と異なり完全開発者向けのカンファレンスでして、開発をメインにやっているという人に向いています。
で、どんなセッションを聴いたのかというと…

02/23 第一日目

  • 基調講演(プレミアムシートなのだ)
  • T2-202: 今ここで覚えておきたい Expression Blend 3
  • T3-201: Silverlight 4 新機能概要
  • T3-301: Silverlight 4 Out of Browser 徹底解説
  • T3-302: Silverlight 4 を使った業務アプリケーション開発

02/24 第二日目

  • T1-308: クラウドアプリケーション アーキテクチャ解説
  • T1-307: SQL Azure を活用するためのアプリケーション設計の現在と未来
  • T1-306: ISV 向け Windows Azure による SaaS アプリケーション開発
  • T2-304: WCF & WF 4.0

と、こんな具合です。(T2-304 の後は、松崎さんと話し込んでしまいました)

Silverlight 4 の Out of Browser というと、既存の SandBox モードに加えて、新たに Trusted モードが追加されたわけですが
T3-301 では、なんと、Mac ブラウザ(Safari)でどこまで動くのかとふんだんにデモを見せてくれました。
Microsoft 的によいのかな!?
T1-308 は、Microsoft Corporation の成本さんです。昨年も非常によかったので、期待して聴講してみましたが
期待通りの内容で大満足でした。
T1-306 は、ジニアスです。もう、言うことはありません。この人にかかると、難しいことが簡単に聞こえてしまうという
恐ろしいマジックがあります。しかし、毎回、ED に流れる NG 集は、どれくらいの時間をかけて作っているのかと…。
T2-304 は、レベル的には 400 です。既存の Windows Workflow、Windows Communication Foundation の知識を前提として
いるので、わかっている人には、非常にうけがいいはずです。かなり、ポイントを絞り込んで説明してくれました。
(時間不足はご愛敬です)

個人的には、まったく目新しいテクノロジーというものはなかったのですが、まとまった時間に聞くというのは
かなり頭に入るので、参加して非常によかったと思っています。
次回は、ぜひ、Ray・Ozzie 氏に来日してほしいです。

次は、Visual Studio 2010 ラウンチイベント(2010/04/13(火)開催)かな。

おまけ

↑は、tech・days 2010 でもらった Azure トレーラーのペーパークラフトです。組み立てるの結構、大変でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。