Win7: タスクバープログラミング(AppIDs)補足

以前、Win7: タスクバープログラミング(AppIDs)を紹介しました。
肝心なことを書き忘れたので、補足記事を書きます。

Application Identity の機能ですが、これは「タスクバーの設定」に依存しますので、注意が必要です。
タスクバーは、ユーザーによってその動作をカスタマイズすることができます。

いまいち、Windows 7 の新タスクバーにどうも馴染めないという方も中にはいるかもしれません。
そのような人は、従来のタスクバーに似せようとして

タスバーのデザイン: 小さいアイコンを使う
タスクバーのボタン: “タスクバーがいっぱいの場合に結合” or “結合しない”

という設定にするかもしれません。すると、表示が Vista/XP 風になります。

このような設定の場合、Application Identity のプログラミングを行い、同じ Application Identity に設定しても
アプリケーションアイコンは結合されませんので注意してください。

さらに、もうひとつ注意点があります。この設定にした場合、Aero プレビューが、こんなのになっちゃいます。

どうやら、Application Identity を同じにすると、Aero プレビューだけは同じグルーピングされてしまうようです。

Application Identity を同じにして、アプリケーションアイコンをひとつにまとめるという実装を行う場合には、
ユーザーが「アプリケーションアイコンをまとめる/まとめない」という選択ができるような設定画面を
提供した方がよいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。