Win7: タスクバープログラミング (前置き)

とっても変わった Windows 7 のタスクバー。
プログラミングも新しいものが増えました。新しい機能を実装するのは、たのしーです。
Windows 7 のタスクバーは、こんな感じになっています。(クリックして大きくしてみてください)

通常、対話型プログラム(exe)を実行すると、タスクバーにプログラムが起動されていることがわかるように
タスクバーにプログラムアイコンが表示されますよね。
Windows XP のタスクバーでは、同じプログラムが複数実行されていると、グルーピングしてタスクバー上で表示するという機能が
あります(確か、同じプログラムを 5 つ以上起動するとグルーピングしたと思います)。
Vista までの Windows では、タスクバーにウィンドウキャプションを表示していましたが、Windows 7 の
タスクバーではアイコンだけの表示になりました。

プログラムを 2 つ以上起動しても、グルーピングされます。
複数起動したら、どれかわからなくちゃっちゃうということがないように、Aero プレビューの機能があるので
大丈夫ですね。
Vista のときには、1 画面しか Aero プレビューで表示されませんでしたが、Windows 7 では全部表示されます。

Windows 7 のタスクバーは、次のようなコンセプトがあると MS エバの方に聞きました。

  • 自信を持ってウィンドウを操作できる
  • きちんと操作できる
  • シンプルで軽量に
  • ビジュアルやアニメーションだけでなく、より進化したエクスペリエンスを提供する

そこで、Windows 7 のタスクバーでは、様々なプログラミングができるようになりました。

  • Application Identity による管理
  • 新しい実行ポイント…ジャンプリスト
  • タスクバー上のオーバーレイアイコン、プログレスバー
  • サムネイルツールバー
  • カスタムスイッチャー

このブログでも、各項目を紹介していきたいと思います。

参考情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。