Vista の Windows Media Player で DRM 再生時に C00D11B1 エラーが発生する

MSDN 会員向けに Windows Vista / Windows Server 2008 Service Pack 2 が公開されました。
検証しないといけないので、早速、ダウンロードしてインストールしてみました。
アプリケーションは問題なかったのですが、過去にダウンロード購入した音楽ファイルの再生が
できなくなってしまい焦りました。
自分ネタで、調べたのでまとめておきます。

レジストリを見直す

レジストリエディタを開き、以下を確認します。

HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Audio@DisableProtectedAudioDG = 0

になっているのかを確認する。
Vista SP2 をインストールしたら、DisableProtectedAudioDG の値が 1 に戻ってました。

DRM フォルダの初期化 & コンポーネントのダウンロード

  1. コントロールパネル – フォルダ オプションの表示タブから
    「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外し、適応 をクリックする。
  2. エクスプローラで以下のフォルダを開く
    C:\ProgramData\Microsoft\Windows\DRM
    このフォルダ内をごっそりと削除します。
  3. Internet Explorer より、以下の URL にアクセスして、セキュリティコンポーネントをアップグレードします。
    http://drmlicense.one.microsoft.com/Indivsite/ja/indivit.asp
  4. コントロールパネル – フォルダ オプションの表示タブから
    「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」をチェックし、OK をクリックする。

このどちらかで復活できることが多いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。