Tech・Ed も終わり、夏も終わり

夏のイベント Tech・Ed も終わりました。
自分の中では今年も夏が終わりなんだなってところです。

Tech・Ed 2008 Yokohama に行かれた方はいかがでしたでしょうか。
Dynamic IT の "より具現化" がテーマだったため、あまり新しいテクノロジーはなかったですね。
それでも、注目すべきテクノロジーもありました。
ワタシが聴いたものは、こんなセッションでした。

8/26 第一日目

  • オープニング & キーノート
  • T3-311 Exchange Server 2007 SP1 の展開と運用管理
  • T2-306 Visual Studio と Expression で「開発」するエンタープライズ WPF アプリケーション
  • T2-314 .NET Framework 3.5 SP1 における ASP.NET AJAX 新機能とパフォーマンスの最適化
  • T2-312 RIA で差別化するための Sliverlight 2 開発

8/27 第二日目

  • T2-315 Visual Basic 2008 開発環境と Visual Basic 9.0 の新機能のメリットと開発のコツ
  • T2-311 ソフトウェア開発におけるユーザーエクスペリエンス戦略
  • T2-302 WCF / WF を活用した実践的アプリケーションの開発

8/28 第三日目

  • TH-303 エクスペリエンスデザインを中心とした新しい開発ワークフロー
  • T2-401 WCF / WF を使用した拡張
  • T2-404 Software Factories ~ Web Client Software Factory の活用と GAT / GAX による拡張 ~
  • H-317  Visual Studio 2008 と SQL Server 2008 による次世代データベースアプリケーション開発
  • T2-301 LINQ & Entity Framework ~ プレミアムデモンストレーション~

8/29 第四日目

  • T2-403 クラウドコンピューティングに対応する次世代アーキテクチャ設計法
  • T2-303 ADO.NET Data Services 的な生活 (プロジェクト "Astoria")
  • T2-313 Silverlight 2 から Web サービスや多様なデータストアを利用する – Working with Web Services in Silverlight 2 –
  • T2-305 Windows フォーム開発者に捧ぐ! WPF への移行 ~ ビジネスアプリケーションにもユーザーエクスペリエンスを ~
  • T2-402 ASP.NET MVC Framework 概説 ~ .NET Web アプリケーション開発のパラレルワールド ~

セッションを振り返るのもよいのですが、個人的に今回のTech・Edで三日目にあった
パートナーブースでのキーワードクイズ抽選クイズの方が思い出深いです。

なんてったって、1等の「プジョーマウンテンバイク」が当たっちゃいましたから。

これがその目録です。

ほんとにくじ運が無くて、こんな高額当選は生れて初めてなんです。
一生分のくじ運を使いきっていなければいいのですが。
でも、届きたての MTB には何も(泥除け、ライト、スタンド)付いてなくて、寂しいものでした。
結局、これらをすべて購入(もちろん、鍵も購入)したため、結局のところ、1万円強使うはめに…。
安いママチャリなら買えてしまいますよねェ。
そして、周りの反対(MTB にカゴは邪道だ!)を押し切り、カゴ も付けました。
やっぱり、カゴが無いと街乗りには不便ですよね。
すべて取り付け終わり、こんな見た目になりました。

かなり気に入ってます。
しかし、当選した MTB の防犯登録が一番大変だったとは…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。