ADO.NET 2.0 MARS

Multiple Active Result Sets の略です。

簡単に紹介します。まず、前提条件ですが SQL Server 2005/2008 を使うことになります。
今までの ADO.NET では、一つの接続を使って、データ操作を行う際、例えば、
DataReader を使ったデータ操作を行うと、DataReader をクローズしないと、同じ接続でデータ操作を
することができませんでした。(SQL 例外が発生した)

ところが、ADO.NET 2.0 の SqlDataReader を使うと、オープンした状態のままでも別のデータ操作を
行うことができちゃいます!なんてこった!
使い方は…

接続文字列に 「MultipleActiveResultSets=True」 と指定するだけです。 あら、簡単。

ただし、この機能は使いすぎには要注意!結果的にはサーバー接続を増やすことになるので、
サーバーへの負荷がかかります。
必要なときだけにしましょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。